放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービス(ほうかごとうでいさーびす)とは、障害のある学齢期児童が学校の授業終了後や学校休業日に通う、療育機能・居場所機能を備えた福祉サービスで6歳から18歳までの就学年齢の児童が通うことができます。

サービスの内容

ひとりひとりの個別支援計画に基づき、以下の活動を組み合わせて支援を行うことが求められている。
①自立支援と日常生活の充実のための活動
②創作活動
③地域交流の機会の提供
④余暇の提供
厚生労働省「放課後等デイサービスガイドライン」による

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です