自閉症スペクトラム障がい

自閉症スペクトラム障害とは、発達障害の一種

特徴として、「臨機応変な対人関係が苦手で、自分の関心・やり方・ペースの維持を最優先させたいという本能的志向が強いこと」などがあげられます。

コミュニケーションの障がい

まわりの人とのコミュニケーションがうまくできなくて対人関係に支障が出ます。例えば気持ちを言葉で表現するのが苦手だったり、自分の好みのことを一方的に話し続けたりするなどのコミュニケーションの偏りがみえます。

社会性の障がい

相手にも都合のあることに気づき、相手を快適にさせることを自然に身に付けて相手とかかわりをもつことが困難。場の空気を読んだり常識を獲得することの困難とも言えます。

社会的イマジネーションの障がい

目の前に現実にはない事柄(もの・情報・可能性など)について頭の中で操作する能力がイマジネーションです。
イマジネーションにかたよりがあると、考え・行動・感情などのリセットが困難になり、柔軟性に乏しい行動パターンが示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です